こげんたちゃんへ

人間の都合で捨てられるために産まれてきたんじゃないのに、
捨てられてさまよい お腹を空かして、
悪魔に拾われ 痛みを知りながら死ぬために産まれてきたんじゃないのに。

ごめんね こげんたちゃん こんな小さい身体で社会の犠牲になっちゃって、、
貴方は何ひとつだって 悪い事はしてないのに。。

貴方の写真を見ると涙が止まらないよ。。

虹の橋で幸せになれるように一生懸命祈るからね。

そして そして 
今度生まれ変わる時は 私達猫好き仲間が見つけるからね。

こげんたちゃんに合掌。。

2002年6月5日

*この写真は探偵ファイルさんのサイトより拝借しました
犯人が虐殺前にバスタブで撮った写真です。


ランランのママさんがこげんたちゃんを
エンジェルキャットに入れてくれました。
他の愛された猫達と一緒に羽が生えてそして天使となって
虹の橋を渡れた事を願わずにはいられません。
こちらも ど〜ぞ ご覧ください。



こげんたちゃん事件の顛末についてはこちらのページをご覧ください。





今までのこげんたちゃんへの追悼メッセージは
↓をクリックしてね





こげんたちゃんの49日

憎悪のエネルギーはこげんたちゃんへの供養にはなりません。
こげんたちゃんへ前向きなメッセージをお願い致します。