Dear,こげんた


Dear,こげんた 
(kogenta.com)は 2002年5月にネット上で公開虐殺された”こげんたちゃん(戒名)の
犯人を書類送検で終わらせては行けないと動き出した個人の集まりです。
どこの団体にも属していません。
こげんたちゃんの事件では 当サイトから推定3万人の署名が送られ、
8月7日 犯人異例の逮捕となりました。

*******************************
猫虐殺:
ネットに写真掲載した容疑者を異例の逮捕 福岡地検

 福岡地検は子猫を虐殺している様子をインターネット上に写真掲載したとして、
広島県呉市焼山西3、無職、松原潤容疑者(27)を動物愛護法違反容疑で逮捕し、
7日、同法違反の罪で福岡地裁に起訴した。同法違反で、逮捕・起訴するのは極めて異例。
同地検は「ネットで実況中継するなど極めて悪質で、社会的影響も大きい」と説明している。

 起訴状などによると、松原被告は5月6日午後11時10分〜7日午前3時20分ごろまで、
当時住んでいた福岡市東区のアパートで、拾ってきた子猫の耳やしっぽをはさみで切ったり、
首をひもで縛るなどして殺した。
その様子を写した写真をインターネット上の掲示板「2ちゃんねる」の「ペット大嫌い」コーナーに
「ネコ虐殺実況中継」として載せた、とされる。

 掲示板を見た人からの通報で事件が発覚。
松原被告は県警の調べに虐待を認めたものの「猫は水をかけると逃げ出した」と殺害を否認。
県警は5月22日、松原被告を福岡地検に書類送検した。
ところが、地検が獣医らに写真鑑定を依頼したところ、
殺害の疑いが濃厚となり、松原被告も殺害を大筋で認めた。

 事件発覚後、同地検には松原被告に厳罰を求める署名簿や電話などが
全国から1日当たり数十件も寄せられた。
動物虐待は書類送検―略式起訴―罰金刑の処分になるケースがほとんどだが
「極めて残虐で社会への影響も大きい」として逮捕・起訴に踏み切った。

 動物愛護法は00年12月に改正され、
虐待への罰則が従来の「3万円以下の罰金又は科料」か
ら「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に強化された。
改正後に同法違反で摘発された例には、
飼育馬の世話を怠り衰弱させたとして長野県の元牧場主が略式起訴後、
罰金30万円を命じられた例(不服として公判中)などがある。 【荒木俊雄】

[毎日新聞8月7日] ( 2002-08-07-21:22 )

***********************************************

猫虐待傍聴人続々と
ネットで連携 100人
被告に懲役 6ヶ月求刑


〜〜〜省略〜〜〜
事件後、インターネット上には愛好家らが HPを開設。
虐待された猫を「こげんた」と名付け、厳正な捜査と厳しい処罰を求めようと、
福岡地検や福岡地裁に嘆願書などを送る運動を続けた。
嘆願書がダンボール箱2箱にもなった事から、地裁は関心の高さを考え、
通常は大型事件で使う大法廷で真理する事にした。

「朝日新聞」2002年 10月1日の記事より抜粋
(Dear,こげんた管理人Mimiが朝日新聞社より電話インタビューを受けました。)

*****************************************************

Dear,こげんたが 福岡検察庁と福岡裁判所に 資料として提出した書類


Dear,こげんた 基本ポリシー 
‘命の尊さを次の世代に’
 
人間と動物が優しい気持ちで、お互いに敬意を持って、
共存していける社会。
それが「Dear,こげんた」が目標とする「虹の橋」です。

2002年5月、命を弄ぶような悲しい事件が起こりました。
それをきっかけに、このサイトは立ち上がりました。

このような事件が二度と起こらないように、
すべての命をかけがえのないものとする「虹の橋」の建設を
皆で考えていきたいのです。

そして、優しさと思いやりに満ちた社会を、
次の世代に継承できる、小さな力になれれば嬉しいです。

貴方の力は決して小さくはありません。
一緒に歩き出しませんか?
Dear,こげんたの活動
●動物愛護法改正の法律の検討
●各地 保健所の視察
●飼い主への啓蒙
●去勢、避妊のすすめ
●動物に対する国民全体の意識改革に向けての活動
●出版企画


私書箱
〒103−8337
東京都 中央区日本橋室町2−3−16 MBE106
宛名 ”Dear,こげんた”