動物愛護法違反、被告に対し厳正かつ適切な御裁定を求める嘆願書

御担当判事様
御担当裁判所書記官様

動物愛護法違反の罪で平成14年8月6日に逮捕され、同7日に起訴されましたMJ(27)の事案は、「動物愛護法」における重要な先例になると考え、以下に述べますような理由により、僭越ながら、厳正、公正かつ適切な御判断、御判決をいただくようお願いいたします。

1)同被告は、動物愛護法を熟知しながら、犯行に及んだこと

2)証拠隠滅をはかり、虚偽の供述をしたこと

3)本件の虐殺だけでなく、過去にも多くの小動物を虐待していること

4)この事件後、同種の動物虐待事件が多発したこと

5)この残虐な行為により、多大なる精神的苦痛を受けた者が多数に上ること

(6)愛護法の罰則を軽視し、違法行為に対する良心の呵責が欠落していること

7)愛護動物を残忍な方法で虐殺し、ネット上で公開するという被告の精神状態に危機感を覚えること

以上を持ちまして、法の精神の意識的蹂躙行為を許してはいけないという社会正義を確保し、同被告が、自分の犯した罪を深く反省し、良識ある社会人としての真の自覚と更生を促すと共に、今後、同じような虐待行為を重ねることがないように、また、模倣犯・愉快犯が追随しないようにすると共に、広く国民に「動物愛護法」の基本原則が浸透しますような、御判断、御判決を下し、国民を正しくお導きいただきますことを強く切望いたします。

住所*“同上”“〃” で略さず、都道府県名からご記入ください。*印は手書、拇印も可です

氏名

       住所

  印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郵送あて先:〒810-0043福岡市中央区城内1番1号 福岡地方裁判所 刑事第2部3係 御中

署名用紙配布元  “Dear,こげんた” http://www.tolahouse.com/sos/