本 「Dear,こげんた」

著 mimi
ハート出版
税込み価格1365円

殆どのオンライン書店、又は大型書店でお求めになれます。

寄せられた感想文

by 純
知っていたようで知らなかったとても悲しい現実の詳細を知り、涙が溢れます。少しづつ、悲しみが勇気に、そして希望へと変わっていった感動のお話しです。虐めに遭い、学校へ行けなくなってしまった少女がこげんたちゃんの事件を知り、悲しみ、泣き、決意をして立上がり、そして・・・・色々な人の壮絶な人生があり、なんの節点も無かった人達の思いがあの忌々しい事件を基に一つになった。。。
動物が好きな人も嫌いな人も、虐めがきっかけで引きこもりになってしまった人も、日々の生活に不満を感じながらも何も出来ずにいる人も、学校の先生も、正義感の強い人も、世界中、今を生きている皆に見て欲しい本だと思います。読み終えた後、きっと何かを感じて、何かが変わるはず。。。そんな気がしてしまう一冊です。

by とむ
読んでいるうちに胸が一杯になり、この本が出版されて本当に嬉しく思っています。
今までこげんたちゃんを知らなかったひと達にも分かり易く事件の経緯を知ってもらい、また、1つ動き出せるきっかけとなると思いました。
こげんたマジック・・・本当にそうですね。
あの、ごはんの前にいたかわいいこげんたちゃんの顔を胸に出来ることをコツコツしていこうと本を読んだ後思いました。
ありがとうございました。

byジョーママ
最初のページから涙がドッと溢れてきました。
読み進めるうちに号泣に変わり、大声をあげて泣きながら読みました。
何度も涙で文字が読めなくなってしまい、何度も何度も涙を拭きながら読みました。
本を持つ手は震え、心臓がきゅんと痛みました。心が…心が痛かったのだと思います。。
みんなの力がひとつになって、出来上がったこの一冊の本。
ひとりでも多くの人が読んでくれ、命の尊さを感じてもらえればと思います。

byIl Gatto
読む人を感動させる本というものは数多く存在します。ただ、そのほとんどは読んで「感動しました」だけで終ってしまうものでしょう。それを悲しく、情けなく思うこともありますが、「何をしたら良いのか分からない」、我々凡人にとっては仕方のないことなのかも知れませんね。
 しかし、この本だけは違っています。まるでゴミのように捨てられ、殺された一匹の子猫のために数万の人々が立ち上がるところからこの物語は始まるのですから。だから、この本を読んで何かを感じた人には「感動しました」だけで終っていただきたくない…かくいう私も「何かをしなければ」という思いに駆られてこの書評を書いております。
 一方、この本で活躍された人々からは、立派なことをされている人にありがちな「英雄気取り」や「押し付けがましさ」は少しも感じられず、実にさわやかです。「あなたに出来ることから始めてください」と読む人に優しく語りかけてくれます。
 また、事件そのものは悲惨なものでしたが、この本は、ドロドロした感情よりも、「罪を憎んで、その人憎まず」という精神で書かれています。どこか健康的な明るさがありますので、それが読む人にとって救いとなるでしょう。
 今、私たちの社会は危機的状況を迎えているように思えます。この事件もその一つの表れかも知れません。しかし、この本の中で活躍された人々のことを思う時、「もしかしたら…」という希望を感じることのできるそんな一冊です。


by レオンの兄
 人の手によって捨てられる命、また、その捨てられた命を救う人…。「それぞれのこげんた物語」どれも胸を打ち涙ながらに読ませて頂ました。

_______________

*出版の目的
1)Dear,こげんたは、開設当時から寄付を募らずに、スタッフと管理人の自費で運営しています。印税は、こげんたちゃん基金として、動物救済活動に使われます。

2)ネットをしていない人達にも、こげんたちゃんという猫がいたこと、そして一匹の猫のために涙して、汗を流したいた人達がいたことを伝えたい。

3)「命の尊さ」を次の世代へ伝えるためには?皆で考えていくきっかけの本にして欲しい。

4)「出来ることから始めよう」、こげんたちゃんを始めとするかわいそうな子達の現状を伝えることにより、少しでも一般の人達の意識を変えたい。

5)どうしたら、一匹でも多くの犬猫が幸せになれるか?、やはり行き着くところは一般の人々の意識の向上です。
この本が、その一端を担えたらと願っています。

Home