お待たせいたしました!!
待ちくたびれて 呆れてしまった方の方が多いかも知れません。
スイマセン・・・・

とても時間がかかってしまいましたが、
想いのたけをギッシリと詰め込みました。
前回の「Dear,こげんた」は 動物愛護のきっかけになればと願って作った本ですが、
今回の「君はぼくの声になる」は一歩進んだ踏み込んだ内容になっています。

「Dear,こげんた」同様にこちらも皆さんに愛される本になればと願っています。

続きものとはなっておりませんので、この本から読んでも完結できる内容になっています。
ぜひ 周りのお友達にも薦めてくださるとうれしいです。

印刷用はがきサイズフライヤーも用意しました。
ぜひ 印刷してお友達に渡してください!

印刷がうまくできないという方はこちらのフォームからお申し込みください。
出版社経由でチラシが送られます。


Amazonでも予約受付中です
一足早く 原稿を読んでくれたスタッフからの感想を紹介させて頂きますね





全国の書店、アマゾンなどのネット書店で発売中です。
書店に取りよせの申し込みををしていただけると、店頭にならび一般の皆さんの目に触れる機会も多くなります。
1同様に、どうかよろしくお願いいたします。

題名 「君はぼくの声になる」
著者 mimi
出版社 ハート出版
出版コード ISBN978−4−89295−647−8

予約をしたことがなくて 自信がないという方は↓の画像をクリックして
印刷して書店にお持ちくださいませ。





目 次 ――

 1章 Seed 種 ― 蒔かれた勇気


2章 Bud 芽 ― 国会に届いた光の兆し



3章 Sprout 若葉 ― 歩き出した物語

4章 Careケア ― 虐待を止めるために




5章 Growth生長 ― 命を繋ぐ人たち

★要らない命?――それぞれの保健所
★テキサス・ヒューストン HSPCA
★NY ASPCA・Animal Control Care
★日本における野犬収容所と狂犬病の歴史
★日本における主な致死処分方法
★ガス・チャンバーとは?
★東京都動物愛護センター

★不要犬・不要猫の回収車
★動物を回収する車って?
★致死処分寸前の命を救う――ひたむきな人々
★フレンズ・オヴ・アニマルズ――東京都
★アンジェリクル・キャッツ――NY
★共通するひたむきな想い
★捨てる人と救う人――私たちにできることは
★障害があっても
★地域猫活動――飼い主のいない猫との共存

まとめ
あとがき

巻末資料1米国法務省少年犯罪課 広報より
巻末資料2動物虐待に関する事件簿/表
巻末資料3あなたにできる50の事!
巻末資料4動物愛護法―改正点要約
参考資料

前作をまだお読みでない方は
ぜひ、こちらもよろしくお願いします。































お詫び

「団体名の誤記載がある事をお詫びします。
P253 誤 社団法人日本動物愛玩協会 
     正 社団法人日本愛玩動物協会」